第21回CAST杯 フローターバストーナメント 結果報告

第21回CAST杯フローターバストーナメントが6月10日(日)山口県宇部市丸山ダムで開催されました。

前日に梅雨入り宣言されたばかりだが、今日の天気は快晴。

ダムの水位は約1m減水。2日前に降った雨の影響は水位にはほとんど影響がない状況。

6人の浮人たちは6時30分のスタート後、思い思いのポイントへエッチラホッチラと湖面に散らばって行きました。

 

第21回CAST杯フローターバストーナメント覇者は、第20回大会優勝のフローター大会の常連、山下和昭さん

第21回CAST杯フローターバストーナメント覇者は、第20回大会優勝のフローター大会の常連、山下和昭さん

そして第21回CAST杯フローターバストーナメント覇者は、第20回大会優勝のフローター大会の常連、山下和昭さん。

病院ワンドの右の岬にアベラバ5g+アンクルゴビー3'をキャスト。ギルバイトの猛攻をかわしながらボトムをディープにズル引いていき自分が浮いている真下 水深約5mで何かに引っかかり、それが外れた瞬間に本命のリアクションバイト。45.3cmのグッドコンディションをキャッチし見事、連覇達成!おめでとうございます。

第2位は石井啓司さん

2位は石井啓司さん

第2位は石井啓司さん。

帰着1時間前にスロープから2つ先のワンドのど真ん中でキャロのドラッキングで44.7cmを捕獲。ミートヘッドのナチュラルカラーでシンカーは10gを使用した。

第3位は、玉野幸治さん

第3位は、玉野幸治さん

 第3位は玉野幸治さん。

朝イチに西湖手前の取水塔の橋脚へミートヘッド(WMレッド)の1/16ozDSをキャストし、これまたギルバイトの猛攻をかわしつつ手前へズル引いていると本命バイトをキャッチ。

岬へ移動し意外と浅いところで(約2~3m)でHITしたので、すぐ右の同じように釣って連続バイトを得るものの、スッポ抜けや、立木にまかれるトラブルで無念の1フィッシュ。

バスの部上位3名のみなさん

表彰式の後は、恒例のお楽しみ抽選会で盛り上がり、盛況の中、第21回CAST杯フロータートーナメントは終了いたしました。

魚を活かす手段としてCASTオリジナルフローター用スカリが使用されました。、このスカリは細部に工夫と改良がされ、参加者にも大好評。今回も1匹の死魚どころか弱った魚さえもいなかった。

参加者の皆さん


 

順位表


順位 名前 BASS1(cm) BASS2(cm) 総全長(cm) GILL(cm) GILL順位
1 山下和昭 45.3 0 45.3    
2 石井啓司 44.7 0 44.7    
3 玉野幸治 43.9 0 43.9    
4 山本稔 0 0 0    
5 森本吉冶 0 0 0    
6 国益光明 0 0 0    

 

 

その他記事一覧

(2017.7.05)
'17 CAST BASS TOURNAMENT第4戦 Pure Fishing Japan CUP 結果報告
(2017.7.05)
'17 CAST BASS TOURNAMENT第5戦 FLASH UNION CUP
(2017.6.12)
'17 CAST BASS TOURNAMENT第3戦 SHIMANO CUP 結果報告
(2017.6.07)
第29回CAST杯フローターバストーナメント結果報告
(2017.5.24)
'17 CAST BASS TOURNAMENT第二戦 DAIWA CUP 結果報告
(2017.5.15)
第34回 CAST杯磯釣り大会in徳山沖 結果報告
(2017.4.09)
CASTメバリングフォトトーナメント 結果発表!
(2017.4.02)
'17 CAST BASS TOURNAMENT 第一戦 Major Craft CUP 結果報告
(2017.3.01)
CASTブラックバスフォトトーナメント
(2017.2.22)
グレ遠征ツアーin五島列島有川 2017 ツアーレポート

※過去のイベント情報一覧はこちら