釣果情報 10月2日更新

釣果情報は常時更新しています。
最新情報をお求めの場合は是非キャスト各店の店頭へお立ち寄り下さい。
(カウンター横ホワイトボードに随時掲載中!)

 

{磯}
相島:赤瀬で42cmの尾長グレが釣れた。口太の30cmオーバーも3枚。水温も下がり、クロ釣りシーズン到来!
 
見島:マグロが釣れだした。5~10Kgが0~2匹。カツオやヒラマサも混じる。石鯛の40~50cmが1~2枚。エサはバフンウニ。
 
青海島:Aコースの「又貝」で20~25cmのクロが5~10匹。サイズは小さいが数が釣れる。エサ取りのアジも多い。鳥ヶ瀬や島見門周辺でクロの25~28cmが2~5匹。エサ取りが多いが水温も下がりだしこの先有望!鳥ヶ瀬や潮場で石鯛の30~40cmが1~2匹。
 
徳山沖:クロの25~30cmが5~10枚。エサはオキアミ生やボイル。チヌの30~40cmが3~10匹。エサ取りが多いので練り餌やボイルの付けエサがおススメ。
 
{波止}
奈古:アオリイカのコロッケサイズが3~5ハイ。2.5~3号のエギで。朝夕マズメにサイズアップする。
 
青海島周辺:サビキで小アジが数釣れる。8~12cm前後が10~30匹。新子のアオリイカが釣れる。2~3号のエギで。胴長10~15cmが3~8ハイ。例年よりサイズ、数とも好調。
 
野波瀬漁港:新子のアオリイカが数釣れる。胴長10~15cmが3~8ハイ。2~3号のエギで狙う。例年よりサイズ、数とも好調。
 
椹野川:河口周辺でハゼの10~15cmが10~15匹釣れる。エサは青ケビ。
 
秋穂周辺:チヌの20~40cmが2~5匹。エサはオキアミ生やダンゴ。水温が下がりだし、数が釣れるようになった。
 
床波漁港:ウキ釣りでチヌの25~35cmが2~5匹。エサは沖アミ生。エギングでアオリイカ。コロッケサイズが2~3ハイ。2.5~3号のピンク系のエギで。
 
宇部港:サビキでアジが釣れる。8~10cmが5~20匹。朝マズメや夕マズメに数、サイズともに良くなる。フカセ釣りでチヌが釣れる。30~45cmが1~2匹。投げ釣りでハゼが数釣れる。12~18cmが5~10匹。エサは青ケビ。
 
恩田埠頭:アジングでアジの10~12cmが5~10匹。クリアーやグロー系のワームがオススメ。夜釣りでセイゴの20~40cmが1~3匹。青ケビを餌にウキ釣りで。ワームでもOK。
 
岬漁港:ウキ釣りで20~28cmのクロが2~8匹釣れる。エサはオキアミ生。棚は1ヒロ半~2ヒロと浅い。エギングで新子のアオリイカが釣れる。2~3号のエギで。胴長10~15cmが2~5ハイ。例年よりサイズ、数とも好調。日中はちょい投げ釣りでハゼの12~15cmが3~10匹。青ケビで。
 
{船}
相島沖:アジを餌に落とし込み釣りでヒラメの40~55cmが5~10匹釣れる。「ライトタックル落とし込み」仕掛けがオススメ。
 
宇部沖:アジの15~20cmが20~50匹。7~8号サイズのサビキで。アジを餌にヒラメやアコウも狙える。
 
萩沖:夜焚きでヤリイカが釣れる。胴長20~40cmが20~50ハイ。赤白や赤黄色のスッテがオススメ。
 
見島沖:ジギングで2~8Kgサイズのカツオやマグロがヒットする。ヒラマサは単発だが、水温が下がるこの先有望。150~200gのロングタイプのジグがオススメ。